かながわ福祉人材センターからのお知らせ

未就学児を持つ保育士に対する保育料の一部貸付事業のご案内

更新日:2020年08月17日17時21分

「未就学児を持つ保育士に対する保育料の一部貸付事業」は、未就学児を持つ保育士が優先的に利用可能となる制度等を実施している市町村(横浜市、川崎市は除く)に所在する保育所等に新たに勤務する場合や産後休暇または育児休業から復帰する際に、一年間を限度とし、保育料の一部をお貸しする制度です。

貸付要件等

保育所等で週20時間以上の勤務をし、以下1~3の条件を満たす方が対象となります。
1 未就学児を持ち、神奈川県内(横浜市、川崎市を除く)の対象となる市町村(未就学児を持つ保育士が保育所等に優先して入所する仕組みのある市町村)に原則として、在住し、その市町村に所在する次の施設または事業(保育所等)に新たに保育士として勤務する方、または産後休暇や育児休業から復帰される方
 ア)児童福祉法第7条に規定する保育所
 イ)学校教育法第1条に規定する「幼稚園」のうち、次のもの
・教育時間の終了後等に行う教育活動(預かり保育)
・「認定こども園」への移行を予定している施設
ウ)就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律の第2条第6項に規定する「認定こども園」
 エ)児童福祉法第6条の3第9項に規定する家庭的保育事業、第10項に規定する小規模保育事業、 第11項に規定する居宅訪問型保育事業、第12項に規定する事業所内保育事業
 オ)児童福祉法第6条の3第13項に規定する病児保育事業
 カ)児童福祉法第6条の3第7項に規定する一時預かり事業
キ)子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号)第30条第1項第4号に規定する離島その他の地域において特例保育を実施する施設
 ク)市町村等で単独保育制度にかかる保育施設(認定保育施設)など
 ケ)子ども・子育て支援法第59条の2第1項に規定する仕事・子育て両立支援事業のうち、「平成28年度企業主導型保育事業等の実施について」の別紙「平成28年度企業主導型保育事業費補助金実施要綱」の第2の1に定める企業主導型保育事業
2 貸付申請時(申込時)に申請者の子どもが保育所等に入所または利用が決定したことが確認できること
3 連帯保証人をたてること

貸付額・貸付期間

1 未就学児の保育料の半額とし、月額27,000円を上限とします。
  ※保育料負担額の変更が生じた場合、貸付額が変更されることがあります。
2 勤務開始日から1年間を限度とします。

貸付利子

無利子ですが、返還となり返還期限(返還開始から20カ月以内)を過ぎると延滞利子が加算されます。

申込手続き等

■貸付申請に必要な書類
申込手続きは神奈川県社会福祉協議会 福祉人材センターに来所いただくことが必要です。
1 貸付申請書(様式★)
2 申請者の子どもの保育所等入所決定通知書、保育料決定通知書等
3 申請者及び連帯保証人の3か月以内の住民票の写し(申請者と同一生計の未就学児の記載があるもの)
4 勤務する保育所等の業務従事届出書(様式★)
5 個人情報の取扱いについての同意書(様式★)
6 保育士証の写し

*1 (様式★)がついている書類は、福祉人材センターにて申込希望者にお渡しいたします。また、貸付申請時に、運転免許証など、ご本人確認の書類が必要です(ご希望により郵送することも可能です)。
*2 このほか、貸付審査に必要な書類の提出をお願いする場合があります。なお、貸付申請書類の返却は致しませんので、ご留意ください。

詳細は、こちらをご確認ください。
未就学児を持つ保育士に対する保育料の一部貸付事業 チラシ(PDF形式724KB)
未就学児を持つ保育士に対する保育料の一部貸付事業 実施要綱(PDF形式538KB)

実施主体・問い合わせ先

社会福祉法人神奈川県社会福祉協議会(かながわ福祉人材センター)
〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2 13階
電話 045-312-4816
月曜日から金曜日(祝祭日、年末年始を除く)
★窓口での受付は午前9時~午前12時、午後1時~午後5時です
(午前12時~午後1時にご来所される場合は事前にご連絡ください)

▲トップ